ロゴボーイシンボルマーク
ロゴマークの重要性
ロゴマークとは 納品までの流れ 価格とプラン ロゴマークサンプル オーダーフォーム 会社概要 オリジナル壁紙と写真。無料で使えます。 ロゴマーク専門ショップロゴボーイのトップページへ
法律による表示 プライバシーポリシー Q&A お客さまの声 リンク
ロゴマークとは
ロゴマーク作成 ロゴマーク 良いイメージ
たとえば家電製品の場合、今までのように機能や性能がよければ売れると言うことだけではなく、製品のデザイン要素が売上げに大きく影響されるようです。
持つ喜びにデザインの比率が大きく加わって来たのですね。このことは工業製品である家電のデザインの例ですが、企業やショップの場合も同じように考えられます。まずはロゴマークが企業・ショップのイメージを伝える基本になりますので、ロゴマークをデザインするところから始めて、名刺・会社案内・パンフレットそしてウェブページ等に使うことにより、お客さまに対してアッピールし易くなり、覚えて頂くことも出来るでしょう。
特にウェブページには不特定多数の方々が訪れますので、ロゴマークを有効に表示することはウェブサイトを創る上で重要な要素として考えられます。現在はだれでもが、世界中に情報を発信出来る時代です。ロゴマークの役割は以前に比べて非常に大きくなったと思います。大手企業ではCI(コーポレートアイデンティティ)に莫大な費用をかけていますが、この中にロゴマークも含まれます。
小規模な企業・ショップでは大手企業と同じように大きな費用をかけてイメージ戦略を行う必要はありません。まだロゴマークのない企業・ショップの方は、イメージアップの為にも、まずはロゴマーク導入を検討されては如何でしょうか。デザインの重要性が再認識されている中、特に大手企業と同じ土俵で戦えるウェブサイトにおいては、必要不可欠なツールだと思います。
名刺デザイン
黒文字だけの一般的な名刺
ロゴマークの入った名刺
ロゴマークのみ差し替えた名刺
ロゴマークに合わせてデザイン処理された名刺
ロゴマークに合わせてデザイン処理された名刺
左の名刺の画像を見てください。ロゴマークを使うことにより随分とイメージが異なる事がおわかりになると思います。
一番身近なところで、ロゴマークの入っていない名刺を考えてみてください。営業職の社員の方にとって名刺はとても重要なツールですが、文字だけの名刺よりロゴマークが入り、それをを生かしたデザインの名刺ならば企業イメージもアップすることになります。お客さまに対しても良い印象を持って頂くことになり自信を持って、名刺交換が出来るのではないでしょうか。
このようにロゴマークがあれば、名刺・パンフレット・ウェブなどを制作する上で、デザインイメージを表現し易くなります。また経営戦略上の重要なポイントともなり長期的に見た場合ブランドイメージ向上へ繋がり、会社が発展して行く為の強力な武器となり得ます。
そして、ロゴマークを持つと言う事はデザインに対する意識の変化を生み、会社・ショップのイメージを大切にした経営に結びつくことも考えられます。また、様々な広告宣伝物に効果的に使用することで御社を視覚的にもアッピール出来ます。ロゴマークのコストパフォーマンスは非常に優れたものといえます。
現代の家紋としての役割をもつロゴマークをあなたの会社・ショップでも創りませんか。
特にこれから起業される方にとってはこの機会に、ロゴマークを創り今後の経営に役立てられる事をお考えください。
価格は5万円より承っております。(詳しくは
料金とプランのページをご覧ください)
ロゴマークの起源
日本に古くからある家紋は、ロゴマークの原型と考えられます。その起源について、たしかな事はわからないようですが、だいたい平安時代まで遡るといわれています。当時は公家の人達が牛車や衣服に付けて自分の物を見分ける為のものと考えられます。その後、鎌倉時代に入ってからは武家の力が強くなり、合戦の場において敵と味方を判別する為に家紋が使われるようになります。実際に家紋の役割が大きくなってきたのは、戦国時代に入ってからのようですが、この頃には旗やのぼりなどの他に武具などにも付けられていました。合戦のなくなった徳川時代に入ると、家の格式を表す為に使われるようになるとともに、庶民の間にも使われ始めます。そして文様としても洗練されたデザインの家紋がたくさん創られました。
ロゴマークと家紋
武田信玄 上杉謙信
割菱/花菱 竹に二羽飛び雀
織田信長 豊臣秀吉
木瓜/揚羽蝶 五七の桐
徳川家康 北条氏康
三つ葉葵 三つ鱗
家紋の色はイメージです。実際に使われていたものではありません。
デザインとしても優れた家紋は「上絵師」によって創りだされたのですが、その美的センスは海外でも注目を得ることになり、あのルイヴィトンのモノグラムは家紋をヒントにして誕生したことはご存知なことと思います。現代は、あらゆる所に競争が生まれています。企業間においては特に激しさを増しています。この競争時代を、戦国時代の合戦と考えると、ロゴマークは家紋に置き換えられますね。家紋は敵に向かって自家を主張し、味方には連帯感を高めるとても有用なツールでありました。ロゴマークは現代の家紋と考えられないでしょうか。戦国武将の活躍している時代の映画を鑑賞したときには是非、家紋にも目を向けてみてもおもしろいですね。
(C)Copyright 2006 TOYOKAWA DESIGN. This site is designed by LOGOBOY.